正直なところ【HPとLPの違い】ってなんなの?

自社HPを運営している中で、「自社の商品(サービス)に特化したものを作ってほしい」という要望が社内から上がってきた。そんなことはありませんか?
「自社のホームページ内に特設ページを作る?」はあまり効果的と言えません。ここでお勧めしたいのが、LP(ランディングページ)を作ることです。
今回は、「ホームページとランディングページの違い」から「どう使い分ければよいか」までを解説していきます。
社内からの依頼などが多くある可能性がありますので、ぜひ参考にしてください。

それぞれの違いについて

まずは、「ホームページ」と「ランディングページ」の違いを解説します。これを頭に入れておくだけでも、実際に社内から依頼があったときに冷静に対応することができます。

ホームページの役割

ホームページの役割はすでにご存じかもしれません。「おさらい」のようになるかもしれませんが、確認しておきましょう。

①ユーザーに情報提供をする

ホームページの一番の役割は、「ユーザーへの情報提供」です。ホームページは、会社概要や歴史、商品紹介や社員紹介、求人情報に至るまで幅広い情報を発信することができます。世間一般に、自社や店舗の存在を知ってもらうことに適していると言えます。
また、ホームページは複数ページで構成しているため、どんどん情報を増やしていくことが可能です。多くの情報をユーザーに伝えることができるため、ユーザーにとって有益な情報を追加すればするだけ、検索上位に表示される可能性も高まります。

②中長期的な集客アップが期待できる

ホームページは、コンテンツをどんどん充実させていくことが必要です。情報を発信していくことで、ホームページのコンテンツが豊かになり、ユーザーにとって有益なものとなっていきます。
企業としての評価であったりホームページの価値が上がっていくことによって、集客が増えていくことにつながるのです。ホームページを公開して、短期間で思うような効果が出る可能性は限りなく低いです(いわゆる“バズる”ようなことがあれば別かもしれません)。こういったことから、ホームページの役割としては中長期的な、時間をかけて集客を増やしていくことがあります。

ランディングページの役割

では、ここからはランディングページの役割を確認しましょう。

①ユーザーの行動を促すためのもの

ホームページと違い、ランディングページは「商品やサービスに特化」した情報を発信するものです。ホームページのように複数の情報を発信するのではなく、一つの商品やサービスの概要説明から購入に至るまでの流れを作り、ユーザーに行動してもらうまでを担うことになります。
ランディングページは、24時間活動してくれる営業専門スタッフがいると考えておくと良いでしょう。

②短期間でCVを向上させることが期待できる

ホームページは中長期的に集客を増やしていくのに対して、ランディングページは短期的に集客を行い、購入やサービス利用、問い合わせなどにつなげていくことになります。ユーザーにとって必要な情報“のみ”がわかるため、最初から読み進めていけば次の行動の決断をすることができるのです。
ただし、ランディングページは検索評価で上位を狙うことが難しいため、リスティング広告などのネット広告を活用してユーザーを誘導することが必要になります。

ホームページはいらない?

ここまで、それぞれの役割について解説しました。もしかすると、企業によっては「ランディングページだけあればなんとかなる」と思われるかもしれません。
ですが、それは大きな間違いです。基本的には、ホームページは確実に必要です。
ここからは、ホームページとランディングページがそれぞれ必要な理由について解説します。

ホームページがあってこそのランディングページ

先ほども解説した通り、ホームページは企業にとってのパンフレット的な役割を果たしています。会社における様々な情報を世の中に発信することができるため、自社の存在を知らせるために必要です。

ホームページは実際に作ろうと思うと、高い費用がかかる上に専門的な知識も必要になります。制作会社に依頼するコストなどを抑えようと、「商品やサービスのみのランディングページを作った方がラクだし良いのでは?」と考えられるのではないでしょうか。

しかし、ランディングページは「商品やサービスに特化したもの」ですから、それ以外の情報を掲載することはありません。どうしても載せなければならない情報だけになることがほとんどです。つまり、商品やサービスのことは周知できたとしても、「どこの、どんな会社が作っているものなのか」「怪しい会社じゃないのか」といったユーザーの疑問や不安を払拭することはできません。
さらに、ランディングページは検索に弱いため、一般的にキーワードによる検索をされた場合にはヒットしないことが多いため、広告に頼らざるを得ません。

こういったことから、まずは自社のホームページを作り、その上でランディングページを作ることによって、ネット広告だけでなくホームページからのユーザー流入を期待することができ、さらに、ランディングページからホームページという流れも出来上がります。
ホームページとランディングページは、どちらも欠かせない役割があります。両方をうまく運用していくことが重要なのです。

お互いが補い合う関係性が大切

ホームページとランディングページの違い、とても簡単な解説になってしまいました。
両方の役割や違いについては、ご理解いただけたのではないでしょうか。
ホームページは基本的に必要なものです。しかし、ランディングページは状況に応じて、どれだけその商品を推していきたいのか、世の中に発信していきたいのかなどをしっかりと考慮した上で作るようにしましょう。
ホームページとランディングページは、どちらも補い合う関係ですからうまく運用できれば間違いなく自社の力になりますよ!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP