コンテンツ作りのコツと重要性とは?

コンテンツは、ホームページによって重要な資産であり血液と言っても過言ではありません。ウェブ担当者にとって重要な仕事であるコンテンツ制作ですが、「何がどう重要なのか」、「どう言った考え方で作っていけばよいか」など、わからないことだらけでなのではないでしょうか。
本記事は、ウェブ担当者としてコンテンツ作りに迷っている方へ向けたものです。ぜひ、これからのコンテンツ作りのお役に立てられれば幸いです。

コンテンツ制作は重要なミッション

ウェブ担当者にとって、コンテンツ制作はとても重要な仕事です。もちろん、自分で制作することもありますが、ディレクションや編集などの業務がメインになることがあります。まずは、なぜコンテンツ制作が重要なミッションなのかを解説したいと思います。

コンテンツはユーザーと会社をつなげるもの

ユーザーは、日々いろいろなことに悩み情報を得ようとしています。そういった世の中のお困りごとを解決したり新たな提案を行うのが、各企業が発信しているコンテンツです。多くのユーザーは、自分が得たい情報についてのコンテンツを探して実際に読み、「良い」と思えばそのまま購入や問い合わせにつながることになります。
コンテンツは、ユーザーと自社スタッフをつなげる大切なものなのです。

顧客育成にもつながる

ユーザーにとって有益な情報は「顧客育成」につながります。特に、潜在的なニーズを持つユーザーの心に刺さることもあります。こういった意味からもコンテンツ作りはウェブ担当にとって重要な意味を持ちます。
潜在的なニーズを持つユーザーは、自然と商品検索をしたり購入を前向きに検討してくれるものです。しかし、潜在的なニーズをもつユーザーは、そもそも「自分が何を必要としているのか」「何がほしいと思っているのか」を明確に理解していないため、コンテンツや企業が発信する情報を通じて「気づかせてあげる」必要があるのです。
コンテンツを通じた顧客育成は、ウェブ担当者にとって重要な役割となることを理解しておきましょう。

コンテンツ制作で大切なこと

ホームページにおけるコンテンツは、ホームページだけでなく企業にとって重要なものであり、企業と顧客を繋ぐ、顧客教育につながる大切なものであることをお伝えしました。
ここからは、実際にコンテンツ制作をする上で大切なこと(考え方やコツなど)について解説します。

ユーザーのニーズを満足させられるかどうか

ユーザーは、日々悩み事や不安の解消、自分の生活をさらに向上させるために様々な情報を求めています。それに対して、多くの企業がユーザーに対するお役立ち情報や有益な情報を発信し、自社の商品やサービスとうまく結びつけながら顧客獲得を狙っているのです。
コンテンツ制作において、いかにユーザーのニーズを満たすことができるかどうかは何よりも大切にすべきことであり、これが全てと言っても良いでしょう。しかし、ユーザーのニーズを満たすための情報を発信するだけに終始してしまったては意味がありませんし、逆に自社の商品ばかりをゴリ押ししてしまうと「広告感」が増してしまい、ユーザーから嫌がられてしまいます。
一つの記事として、ユーザーが情報を得られることと「へぇ、こんな商品があるんだ」という参考にできる程度の自社商品の紹介という、バランスよく情報を配分することによって、うまくユーザーのニーズを満たしたコンテンツを作ることができます。

ニーズはどうやって見つけるのか

では、実際にユーザーのニーズをどのように見つけ出し、そのニーズに対するコンテンツを作るためにはどうすれば良いのでしょうか。
主に次のような方法が考えられます。
・自社に寄せられた問合せや質問からキーワードを抜き出す
・インターネット上の質問などからニーズを探し出す
など、ニーズの見つけ方はいろいろな方法があるので、ベストな方法を考えてみましょう。
ニーズは「潜在的」と「顕在的」に分かれます。顕在的なニーズはすでに自分の中で理解できているものであるため、購入までの行動を導いてあげれば問題ありませんが、潜在的なニーズは自分で気づいているわけではありませんので、まずは「自分は●●が必要なんだな」「●●があると良いんだな」といったところから気付いてもらうきっかけを作っていきましょう。

コンテンツがもたらす効果

最後に、コンテンツがもたらす効果について解説します。ここを理解しておくことで、ウェブ担当者としてコンテンツ制作に臨む意識が変わります。
ぜひ、しっかりと頭に入れておきましょう。

集客力(アクセス)アップ

ユーザーにとって有益なもの、「ユーザーファースト」を意識したコンテンツ制作ができれば、自然と集客力が向上します。集客力の向上が見込めると、自然とSEOにもなることから検索上位を狙うこともできます。
また、ホームページの滞在時間を増やすことにつながり、商品購入率や問合せ率アップになります。コンテンツはそういった点でも重要な役割を担っているのです。

顧客育成(リードナーチャリング)

各企業の商品やサービスには、「ファン」が必須です。いかにファンづくりをできるかが商品やサービスの売上につながるのですが、その「ファンづくり」のために重要な役割を担うのがコンテンツなのです。
顧客育成は、「見込み客の育成」や「顧客のファン化」、「ユーザーの潜在的ニーズの顕在化」をしていくわけですが、コンテンツによってこられのことを総合的に行うことができます。自社の課題や弱点、ターゲットなどを明確化してユーザーの心を掴むことがコンテンツによって可能となります。

あくまでも基礎基本

本記事でお伝えしたことは、あくまでも基礎基本です。ここからさらに知識や考えを深めていくことによって、ウェブ担当者としてコンテンツ制作の技術を深めていくことができます。
「ユーザーファースト」なコンテンツづくり、頑張っていきましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP