SEOは難しくない!初心者でもできる対策とは?

企業のウェブ担当をするにあたり、「SEO対策」という言葉は必ず耳にするのではないでしょうか。SEOという言葉の意味を知っていたとしても、実際に「どのように対策すれば良いのか」「何をどうしていけば良いのか」はなかなかわからないものです。
今回は、「SEO対策」をこれから理解していく方、「急に対策しろと言われて困っている」という方に向けた記事となっています。
全てを読み終えた頃には、SEO対策についての考え方の土台が少しでも作られていることを願います。

SEOとは

SEOは、Search Engine Optimizationの頭文字をとったもので、日本語では「検索エンジン最適化」と言われます。Googleなどの検索エンジンにおける検索結果の上位に特定のウェブページが表示されるように行われる手法であり、ウェブサイトを持つ企業の多くが自社のホームページなどを上位に表示させるために様々な対策を講じています。
対策方法にはいろいろなものがあり、ホームページそのものの構成やコンテンツなど、上位表示させるための対策は尽きることがありません。

自社のウェブ担当者になった場合には、自社ホームページのSEO対策を講じるように上司から指示が出ることがあると思います。しかし、「はい、わかりました」と言って何かしらができるわけでなく、何をどうすれば良いかは手探りでやっていくしかありません。

では、SEO対策はいろいろなスキルや知識を身につけなければできないのかというと、意外とそうではありません。
SEO対策を行う上で絶対に忘れてはいけない考え方があるため、本記事でそれを知り、その考え方をベースに知識を吸収するとともに、実際に手を動かすことで理解していきましょう。

SEO対策に必要な考え方

ここからは、SEO対策を考える上で最低限かつ確実に必要な考え方について解説します。
決して難しいわけではありませんが、忘れてはいけない考え方です。

「ユーザーファースト」が何よりも大切

SEO対策において、「ユーザーファースト」の意識は絶対に忘れてはいけません。現代のホームページは、多くのユーザーが情報を得るために閲覧され、自分にとって役に立つ情報を得るものとして認識されています。
検索上位にくるホームページの多くは、Googleによって「ユーザーにとってどれだけ有益か」「どれだけ参考にされているか」などの基準から評価され、表示順が決まっています。上位に表示されるためには、どれだけユーザーにとって役に立つ情報を発信し、ユーザーの困りごとを解決できるような、寄り添ったホームページが作れるかどうかに掛かっているのです。
Googleによる「Google10の真実」の一番目には「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」と書かれています。これは、ユーザーの利便性を何よりも大切に考え、ユーザーの使いやすさを最も重視することをGoogleが推奨しているということであり、これらはSEO対策として重要であることが示されています。
何も難しいことを考える必要はなく、自社のホームページがユーザーにとって見やすいか、使いやすいか(買い物紙がしやすいか)、やりたいことができるかどうかを徹底的に考えることは、SEO対策にとって基礎基本であり一番大切なことなのです。

内部対策とコンテンツ対策

SEO対策には、「外部」「内部」「コンテンツ」の3つがあると言われています。この中で、ウェブ担当者ができることは「内部」と「コンテンツ」。
「内部」対策は、自サイトの内部で行われる対策であり、「タグ」や「ホームページの構造」などの「ホームページの基礎」を作るものです。これらをいかに丁寧に行えるかによって、検索順位の上位表示率が上がることは間違いありません。
「コンテンツ対策」は、ホームページ内のコンテンツを充実させたり元からあるものをより良く改善していくことによって上位検索を狙っていくものです。すでにお伝えしたとおり、コンテンツがどれだけユーザーによって有益な情報なのか、役に立っているのかがSEO対策を行う上で考えていかなければならないことです。
単純にコンテンツを増やし続けるのではなく、常にアンテナを張り続けて「ユーザーファースト」かつ「自社だからこそ出せるノウハウや情報」をどのようにコンテンツ化できるかを考えて形にすることが、コンテンツ対策になるのです。

駆け出し担当者ができるSEO対策は?

ここまで、SEOそのものの基本やSEOの「内部対策」と「コンテンツ対策」について解説してきました。
SEO対策は、やればやるだけ深まっていきます。とても奥が深いものです。やることも多く、キリがありません。だからこそ、ウェブ担当者として初めてSEO対策を任された場合には困ってしまうのではないでしょうか。
ここからは、駆け出しの方でもできるSEO対策や基本とすべきことを紹介します。
ポイントは絞っているので、無理なく始められることばかりですので、すぐにでも始めてみましょう。

ツールの使い方を覚える

SEO対策を行うにあたって必要なものが、「Googleアナリティクス」です。これは、自社のホームページのPV数や閲覧者、どの時間帯に来訪者が多かったかなどを教えてくれるツールであり、コンテンツのブラッシュアップに役立ちます。
基本中の基本でもあるため、ウェブ担当者になったら最初にこのツールの使い方、見方を理解しましょう。他にもSEO対策のために有効なツールはありますので、色々と調べてみることをオススメします。このブログでも、今後ご紹介できればと思います。

SEOに影響を与える要素について理解する

ツールの使い方などを覚えたら、SEOに影響を与える要素について知りましょう。

①文章量

厳密な文章量が決まっているわけではありませんが、ユーザーにとって有益な情報・お役立ち情報を伝えるにはある程度の文章量が必要です。
ただし、長すぎるとユーザーが飽きてしまって最後まで読んでもらえない可能性がありますし、短すぎると必要な情報が得られないと判断されてしまうこともあります。おおよそ3〜5000字が良いとされています。

②オリジナリティ

コンテンツの質の良し悪しは、どのように評価すれば良いかわからないものです。第三者に見てもらうにしても、人によって「感じ方」はそれぞれなので、明確な正解が見えません。
そこで、「文章の質」としてお伝えしたいのが「オリジナリティ」です。
すでに存在している文章のコピーは絶対にしてはいけません(法律に触れます)し、同じような文章をつなぎ合わせて作ったとしてもコンテンツとしての価値はありません。
大切なのは、コンテンツを作る人や会社としての「オリジナリティ」です。自社独自のコンテンツとして情報発信をするために、何が必要か。ユーザーにとって有益・お役立ち情報を提供する独自のコンテンツをどのように作るか。それらを考え抜くことが求められます。

③ホームページの構造

自社のホームページは、ユーザーにとって見やすく使いやすいものになっているでしょうか。ユーザーが必要な情報であったりモノを買いたいと思ったときにストレスなく必要なページに行けるかどうかは、ホームページの構造によって決まります。
トップページの見やすさやクリックのしやすさ、各ページでの情報がいかにユーザーに伝わりやすいかは、ホームページの構造が重要です。
SEO対策としてもGoogleに評価されるポイントになりますので、ホームページの構造については理解しておきましょう。

④情報更新の頻度

ユーザーにとって、ホームページの更新が頻繁であればあるほど安心材料になります。一般的なお店で想像していただくとわかりやすいと思いますが、常に掃除が行き届いていて新しい情報がわかりやすいお店と、いつのものかわからないようなポスターが貼られていて、埃だらけのお店を比べた時、どちらで買い物がしたいと思うでしょうか。
答えは聞くまでもないと思います。ホームページにおける情報更新は、ユーザーの印象に大きく影響を与えるものと思っておきましょう。

⑤モバイルファーストを意識する

モバイルファーストとは、スマホやタブレットを優先するということではなく、ページの表示やデザインをスマホやタブレットでも画面に合わせて不自由なく表示できることです。ホームページの多くは、基本的にPCにおける表示がメインとなっていますが、ユーザの多くはPCよりもスマホやタブレットによってホームページを見ることがほとんどです。
「ユーザーファースト」の一環として、スマホやタブレットに合う形でホームページが表示されるように設定することや、それに合わせたコンテンツを用意することが必要です。

SEO対策はやることが多く、奥深い

今回の記事で解説したSEO対策や考え方は、あくまでも基本です。やればやるだけ奥深さに気づき、ハマってしまうかもしれません。
ですが、あくまでも担当者としてできるところは線引きして、外部業者と連携しながら進めていくことをオススメします。
自社ホームページの上位表示を目指すためにやるべきことは、まだまだあります。今回はあくまでも最低限やるべきことだけを紹介しました。
ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP