病院内環境菌迅速検査システム 環境菌類の迅速検査システム

簡便、安価で使い易い、
病院内環境菌の迅速検査システムです

検査チップに播種し増殖していく環境菌を、スラブ光導波路(slab optical waveguide : SOWG)分光法の吸収スペクトル変化を用いて、高感度に検出する検査システムです。
この検査システムは近年、開発販売されている装置に比較して安価で検査費用も低価格で操作性は簡便であり、迅速です。

機器概要

  • 事 業 主 体 名 : 株式会社アトック
  • 事業期間 [分類] : H28年度 [技術開発等]、H29年度 [試作開発]
  • 参 加 団 体 名 : 産業技術総合研究所

「環境菌類の迅速検査システム」が
解決してくれること

安価で迅速で簡便な環境菌検査を可能に!

近年、環境菌分析装置が販売され、大学病院や基幹病院を中心に導入されていますが、これらはまだ大変高価です。
一方、従来から用いられている「培地上に播種し増殖する様子を目視で検査する」方法は確実性が高く安価で簡便ですが、迅速性に欠けます。本システムはこれらを解決するものです。
界面を利用すると検知に必要な二酸化炭素や色素の量、つまり菌類の量が極微量でも検知が可能となります。

迅速な検知が可能になり、すごく助かります

安価で迅速に検体の同定を可能に!

現在、500床を超えるような大規模な大学病院や総合病院などでは、迅速微生物同定検査として質量分析による同定検査が実施されていますが、中規模病院2,000病院をはじめとする大規模病院以外の病院では、予算上、迅速微生物同定検査を導入できない状況にあります。
本システムはそうした規模以下の病院でも導入可能なシステムです。

ツジ電子株式会社が考える、ものづくり 高度技術化に徹した製品の開発改良に努める。

技術が高度化しニーズも多様化する時代にあって、革新的な技術開発と品質向上に全力を傾け、「信頼と感謝」を基本に、社会に貢献し続けたいと考えています。

代表取締役社長 青木 清人 氏

環境菌類の迅速検査システム 開発ストーリー 創業以来50年を超え、培われた弊社独自の加工技術にさらなる付加価値を持たせ、新たな事業領域へ挑戦する。

専務取締役 青木 大 氏

01.

弊社が長年培ってきた、他社の追随を許さない石英ガラス薄板への「高精度研磨加工技術・精密研削技術」で環境菌類の迅速検査システムの要である検査チップを製作します。

導入想定先・利用シーン

環境菌類の迅速検査システム導入のメリットは様々なものが期待されます。

・高額な導入費用が不要となります。
・迅速検査が可能になり医療費の削減に繋がります。
・専用チップにて複数検体同定や複数菌種同定が可能になり省スペースでの運用が可能になります。
・誰でも簡単に使用でき、尚且つ標準的に菌の同定が可能になります。
・チップが小さい為、医療廃棄物の削減にも寄与します。

機器への問い合わせ