NEEDS LIST
ニーズ:在宅

課題解決の
方向性
患者・利用者QOLの向上 在宅医療の現場では、当事者である患者やその家族が使用する機器の多くが、臨床現場で医療従事者が使用しているものの流用であり、在宅医療に必ずしも適さないため、導入時にさまざまな不都合が生じている。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
患者・利用者QOLの向上 オストメイト(人工肛門装着者)が装着しているストーマ-袋の処理では、糞漏れ、臭い・感染症による二次障害が発生している。また、袋の中の汚物が完全に取り切れず臭いや処理業者の感染症など社会的な問題が発生している。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
患者・利用者QOLの向上 在宅酸素療法を受けている患者が外出する場合、その多くは『小型酸素ボンベ』を使用するが、その重量と形状から『カート』へ乗せて使用されるため、行動の自由が大幅に規制される。また、行動範囲(患者の生活圏)は酸素ボンベの容量で決まってしまう。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
リスクの低減・安全性の向上 在宅での服薬間違い・忘れは症状の悪化の原因となるが、独居の高齢患者に頻回なコミュニケーションによる服薬忘れ等を促すことは難しい。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
リスクの低減・安全性の向上 在宅医療への転換・推進と、地域による完結型医療体制作りが進められているが、医療専門職員が不足している在宅ケアの現場で高齢患者の管理、病状急変対応への不安が増している。
医師 歯科医師/看護師
課題解決の
方向性
リスクの低減・安全性の向上 人工呼吸器装着患者に必ず行う喀痰操作が面倒であり、看護師などの操作者に大きな負担となっており、在宅の場合には介助者が疲弊し、リスクとなっている。
看護師/患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
リスクの低減・安全性の向上 夜間照明が新生児・乳児の睡眠・身体発達に悪影響を及ぼすことが知られている一方で、夜間の治療・授乳時には児の安全確認のため、照明が必要とされるジレンマが存在する。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 病院の外など大がかりなレントゲンなど医療機器がない訪問看護の現場では異常を早期に発見するため生体に負担がなく比較的容易に体内の様子を観察することが可能な高精度なツールがない。
医師 歯科医師/看護師/患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 高齢者、生活習慣病患者等運動や生活の活発化が必要な対象者は、その実践において日々の生活を客観的に振り返ることができず、生活習慣を見直すことができていない。また、対象者に運動をしてもらうにしても自己の判断で無理な運動をしてしまうリスクがあるが日常生活の活動・健康状態の可視化ができていない。
医師 歯科医師/看護師/患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 認知症予防には有酸素運動が有効であるが、もともと運動習慣のない方が継続して運動を続けることは難しく、また高齢者の中には要介護で運動できない方もいる。「すべての高齢者が無理なく容易に実施できる手段がない」ことが課題である。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 在宅医療の創管理では、創に対する治療法として、近年、創を乾かすことのない湿潤環境が最適であり、組織再生を誘導し創を早く治癒できることが提唱されており、湿潤環境のコントロールが難しい。
医師 歯科医師/看護師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 胎児の健康状態や神経発達を対象とした検査は、現在、超音波断層法と胎児心拍数図しかなく、自宅における胎児の健康状態を観察する方法には、妊婦自身による胎動カウントという初歩的で主観的な方法しかない。
医師 歯科医師/患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 運動器の機能低下状態は「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」と言われ、その対応には医療施設のみならず日常生活を含めたきめ細やかな診察や医療行為、継続的な機能訓練と評価が必要である。
医師 歯科医師/看護師/患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 動脈硬化症の非侵襲的評価については現行器が導入されているのは規模の大きい病院のみであり、訪問診療として動脈硬化症を評価する必要性が高いと考えられる高齢者を多く抱える僻地や介護施設に対して、現行器を持ち込んで評価を行うことは難しい。
医師 歯科医師

IBARAKI GLOBAL NICHE TOP COMPANIES INCUBATION PROJECTIBARAKI GLOBAL NICHE TOP COMPANIES INCUBATION PROJECT
茨城県グローバルニッチトップ企業育成促進事業

グローバルニッチトップを目指せる企業を育成し、
茨城県の医療・介護事業に還元する。

お問い合わせやご相談はこちらから