NEEDS LIST
ニーズ:リハビリ

課題解決の
方向性
患者・利用者QOLの向上 怪我、病気、加齢などによって損なわれた歩行能力を回復するためには、医師や理学療法士の管理のもとで適切なリハビリを行う必要があるが、従来型のリハビリでは患者の状況が必ずしも精確に把握されていないため、十分な効果が得られないことが多い。
医師 歯科医師/理学療法士 言語聴覚士 作業療法士
課題解決の
方向性
患者・利用者QOLの向上 リハビリ治療は病院の入院期間や保険適応が限定されること、在宅ケア(リハビリ)に移行後、在宅施設側に専門的な人的資源に乏しいこと、等から肉体的、時間的、精神的な制約が生じ、充分なリハビリ効果が見込めない。
理学療法士 言語聴覚士 作業療法士/患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 脳血管疾患による片麻痺の手指の運動障害は難治性であるが、その改善に関するリハビリ治療が十分できていない。
理学療法士 言語聴覚士 作業療法士
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 関節の変形・骨折により独歩困難となる患者は増加しており,、その治療として人工関節置換術や骨接合術が行われているが、術後すぐに筋力を回復させ、元の歩行ができるまでにすることは困難である。
医師 歯科医師/理学療法士 言語聴覚士 作業療法士
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 片麻痺患者に対する、下肢に対するリハビリテーションでは運動を司る運動野は右脳と左脳の境界面の深部にあるため、脳を磁気刺激して片側の下肢の運動のみを選択的に誘発することが難しく、また足首の運動/膝の屈曲運動/蹴り上げ動作等下肢の各機能の運動野も隣接して存在しているため各運動を独立して誘発することも難しい。
医師 歯科医師/理学療法士 言語聴覚士 作業療法士

IBARAKI GLOBAL NICHE TOP COMPANIES INCUBATION PROJECTIBARAKI GLOBAL NICHE TOP COMPANIES INCUBATION PROJECT
茨城県グローバルニッチトップ企業育成促進事業

グローバルニッチトップを目指せる企業を育成し、
茨城県の医療・介護事業に還元する。

お問い合わせやご相談はこちらから