NEEDS LIST
ニーズ:検査

課題解決の
方向性
患者・利用者QOLの向上 採血において、安全で、できるだけ痛くないストレスレス採血は、臨床現場の共通課題である。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
リスクの低減・安全性の向上 病院の病理部で扱う検体標本数は大幅に増加しており、大量の検体を少ない人員で取り扱うため、検体の取り違え・紛失のインシデント・事故発生の危険性が常態化し、患者に及ぼす影響が大きい。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
リスクの低減・安全性の向上 院内感染源の多くは医療器具からの菌によるもので、軟性の消化器内視鏡のように、耐加熱性に乏しく、更に送気・送水孔、吸引、鉗子孔など細管チャネルを有したものは、その内部にわたる完全な消毒は困難である。また、内視鏡の消毒に使用されるフタラールや過酢酸などはすずぎ不足で残留した場合の健康被害が懸念される。
患者 利用者 家族
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 高齢者および障がい者、がん患者や入院患者等に薬の副作用による口腔乾燥症が増加しているにもかかわらず、これらを客観的に評価できる機器が存在しない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 股関節の臼蓋被覆面積の3次元評価には、大型で高価な機材が必要であり簡便に診断、経過観察ができない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 BNCTの医療現場では、PET測定のプローブである18FBPAの効率的合成法の開発が課題となっている。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 インフルエンザ発症後の抗ウイルス薬投与は48時間以内が適切であり、早期診断と早期治療が求められるが、現在の迅速診断検査では誤診断となる場合が多い。 
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 がんの初期診断では平面X線検査装置が用いられるが、検出率が悪く癌を見過ごす事例が多いという課題がある。また、現在レントゲン撮影時にはX線発生のための安定した電源が必要であるが、僻地や災害時でも簡便にX線を発生させ診断したいという課題がある。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 PETやMRIなどの画像診断は被曝の問題があるため、がんの再発チェックには、ELISA(酵素免疫測定法)による腫瘍マーカー検査が多用されているが、これまでの腫瘍マーカー検査では、再発の可能性の高い部位に限定した2点程度を行うにとどまっていたため、想定外の部位へのがんの転移が見逃されがちである。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 睡眠の量的・質的異常は,不眠や日中の眠気といった睡眠と直接関連するQOLの低下にとどまらず,生活習慣病のリスク・増悪因子であることが明らかとなっているが,睡眠の状態を継続的かつ安定して記録する方法は乏しく,自宅での睡眠の状態が容易に把握できない。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 極早期から緑内障性の視野異常を正確に検出することができないため、緑内障の早期発見が困難である。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 従来のFFR(冠血流予備量比)測定技術では、一旦冠動脈内に挿入したプレッシャーワイヤを引き抜きながら測定する作業が必要になり、治療のリスクも高い。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 現在、患者の便より検体を採取して、ノロウイルスに感染しているか判定をしているが、微量のノロウイルスでは検出できないことがある。 また、便検体を外部の検査機関に検査を依頼するため、患者へは1日~2日後にノロウイルス感染の結果を知らせることとなるため、患者は2回の診察が必要となっており、医療施設内での二次感染リスクを増やしている。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 「炎症」を極早期の段階で客観的に診断することは技術的に困難で、非侵襲的、客観的に診断する手法は確立していない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の患者だけでも国内約200万人、更に治療が必要な患者のうち80%が未診断と推定されているが、検査の普及に貢献すべき睡眠診断機器が存在しない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 危機的出血の治療には、出血の病態と要因に応じて選択される止血製剤(主に血液製剤)による迅速な治療が必要とされる。しかし、止血機能(特に一次止血能)の回復効果は、従来の血液凝固検査や血小板機能検査では、正確に評価することができない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 早期疾病発見に有用な情報が得られるにもかかわらず生体磁気診断装置はごく一部の医療研究機関、中核病院しか導入されていない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 大腸がん検診の一次検診として便潜血検査が行われているが、大腸がんの擬陽性率が高く、高侵襲性の二次検診(内視鏡検査)の受診率も低いために早期大腸がんを見逃してしまう。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 糖尿病治療においては、高血糖・低血糖が生じることなく血糖値を適切に一定に保つことが質の良い治療として求められているが、日内変動がある血糖値を連続的に長時間測定する方法がない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 試料中に含まれる微量な物質の同定に用いられる質量分析機器では繊細な前処理が必要とされることが多く、ルーチン化された作業工程や前処理自動化装置が開発しにくいため一部でしか利用されていない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 動脈硬化による心血管・脳血管疾患の診断は、現在の医療技術だけでは、発症の予測は極めて難しく、結果として重大なイベントが多数発生してしまっている。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
診断・治療・介護・リハビリの質の向上 糖尿病患者の増大により、腎症の早期診断が急務であるが、費用対効果に優れた簡易検査により重症化防止することが政策的要請となっている。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 現在の病理診断では、形状や条件が一定しない生検組織を時間をかけて処理した後、病理医が顕微鏡で丹念にがん細胞を探し、経験と主観に基づいて診断している。しかし、ベテランの病理専門医が不足する上、結果が得られるまでに時間がかかり、また早期がんでは、病理医により見解の異なるケースがある等の問題がある。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 呼吸器疾患では呼吸機能の評価が必須で、現状では生理検査、 動脈血ガス分析、核医学的検査で行うが、侵襲性、再現性において課題がある。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 リンパ浮腫の診断・治療法は確立しておらず、また、医療者側がもつ知識の差が大きいこともあり、診断の確定が難しく、早期に治療をおこなうことが困難である。
医師 歯科医師
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 排尿障害の診断・治療の第一歩は問診と排尿状況の把握で、客観的に排尿状況を把握するために“排尿記録”を作成するが、患者にとっては面倒で外出時や就寝後の測定は困難となる。このような状況で作成されても不正確であることが多く、的確な排尿マネージメントに結び付かない。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 嚥下機能や障害の程度に合わせて粘度を調整しないと窒息や誤嚥性肺炎の危険性があるが、粘度計測の統一基準が無いために、とろみ剤を使用した粘度調整について、その安全性には課題がある。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師/理学療法士 言語聴覚士 作業療法士
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 細胞診断は癌等の重篤な内蔵疾患の確定診断に用いられるが、二次元の検体観察しかできず検体表面の性状の変化を見逃してしまいがちであり、染色操作に時間がかかり、検査技師の染色・観察技術や経験値に大きく依存するといった課題がある。
放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
技術の適応性拡大 糖尿病の合併症を早期発見するため、その初期段階において身体末梢部に現れる神経障害を検査することが行われているが、現在の検査方法は、知識と技術を有する特定の検査者しか実施できず、手順が煩雑で、長い時間を要する、再現性に問題があるという課題がある。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
医療・介護従事者のQOL・生産性の向上 迅速に呼吸器疾患の診断を行なうために、肺活量測定と呼吸抵抗測定の双方の結果もとに診断することが望ましいが、別機器により測定されているため、測定や診断の際に移動が必要になり検査効率が悪い。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
医療・介護従事者のQOL・生産性の向上 CT装置の高速化や被ばく低減技術の進歩によって、小児や高齢者の撮影も増加傾向にあり、国際化による外国人の検査も日常的となっており、撮影室に孤立する患者とのコミュニケーションがとり辛く、それらへの対応が課題となっている。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師
課題解決の
方向性
医療・介護従事者のQOL・生産性の向上 眼科分野においては、①視野検査の実施率が低いことによる疾患の見落とし②視野検査機器の導入、普及が専門施設に限定③検査に時間や患者の協力が必要のため、子供や車椅子の患者には不向き、④検査機器および設置のインフラ整備がコスト高などの課題がある。
医師 歯科医師/放射線技師 臨床検査技師

IBARAKI GLOBAL NICHE TOP COMPANIES INCUBATION PROJECTIBARAKI GLOBAL NICHE TOP COMPANIES INCUBATION PROJECT
茨城県グローバルニッチトップ企業育成促進事業

グローバルニッチトップを目指せる企業を育成し、
茨城県の医療・介護事業に還元する。

お問い合わせやご相談はこちらから